【鉄の貴婦人を守れ!!パリ、エッフェル塔にガラスの壁】


年間およそ700万人ものツーリストを集める、パリ随一の観光スポット、エッフェル塔。

「鉄の貴婦人」とも呼ばれるそのエッフェル塔を、防弾ガラスで守ろうという案が出たのは昨年のこと。これを巡っては、賛否両論さまざまな意見が飛び交いましたが、フランスの日刊紙ル・フィガロLe Figaroは、工事の第一段階が月曜日(918日)に着工されたとことを報じました。壁の設置が始まるのは来月5日頃となるようです。

 

大切なパリの観光資産と観光客の安全を守るこのガラスの壁は、景観を壊さぬよう限りなく透明に近いガラスで、高さ約3メートル。塔の南北、ブランリ通り(quai Branlyグスターヴ・エッフェル通り(av. Gustave-Eiffelに沿って、張り巡らされる予定です。一方側面にあたる東西の歩道には、エッフェル塔を彷彿とさせるフォルムの金属の格子塀を設置。塔の高さ324メートルにちなんで、塀の高さは3.24メートルにするのだとか。

これにともない、複数個所にガラス張りの詰所も置かれ、入場者のコントロールを強化。出口は一方通行のガラスの回転扉で管理される予定です。

 

「エッフェル塔が閉じ込められちゃう」

「壁のことなら、トランプさんに相談したら」

など、ネット上でも皮肉の利いたコメントで大いに盛り上がりましたが、それもこれも、パリ市民、ひいてはフランス国民の、エッフェル塔への愛着心の裏付けと言えそうですね。

 

2000万ユーロ(約24億円)ものこの一大プロジェクトを託されたのは、オーストリア人建築家、ディートマー・ファイヒティンガーDietmar Feichtinger。パリに事務所を構え、フランス国内でも多くの作品を手掛けています。代表的なものには、2006年完成のシモーヌ・ド・ボーヴォワール橋(パリ)、そして2014年完成のモン・サン・ミッシェルの桟橋も、記憶に新しいところです。きっと、パリの貴婦人も、美しくそして機能的にガードしてくれるのではないでしょうか。



パリのシモーヌ・ド・ボーヴォワール橋



この桟橋もファイヒティンガーの作

工事が完成するのは、来年の夏ごろの予定だとか。慣れ親しんだエッフェル塔の景観を求めるならなるべく急いで、そして新しい姿を見るなら夏以降に出かけるのがよさそうです。パリのシンボルはいつもどんな時も、旅人のこころを躍らせる、別格のたたずまいを見せてくれるはずです。 









フランス旅行の専門店 フランスエクスプレス
フランスエクスプレス

  • パリ
  • フランス
  • エッフェル塔
  • ガラスの壁
  • テロ対策
  • 安全
  • ディートマー・ファイヒティンガー
  • シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋